OnePlus6を買った

久し(5年くらい)ぶりにAndroidの端末を買いました。

きっかけ

敬愛する我らが鯖缶であるところのほたがOnePlus6を放出するとのことで買いました。
動機としてはFlokoROM、ひいてはカスタムROMに興味があったというのが大半で、そもそも作者のほたが使ってた端末だし知見と保証があって入門によさそうというあたりです。困ったら聞きゃいいし
あと端末に対する周りのオタクの評判が軒並み良いということと、売り手がほたなら無条件で信用できるやろくらいのあれです。

なんだかんだ(本当になんだかんだ)あって無事メルカリとヤマト運輸の手によって私の元まで届きました。

FlokoROMを焼きたい

カスタムROMに興味があってAndroid端末を買うということはカスタムROMに関する知識なんてさっぱりないわけで。
平日昼に着弾したので午後出勤中の電車の中でTLの叡智に泣きついたりなんだったりして、なんやかんやあって深夜に某無職とほたにVC繋いで面倒見てもらいました。
なんだかんだでちゃんとお礼を言ってない気がするので、こんな記事中ど真ん中ですがお礼を言っておきます。本当にありがとう。この2人にはOP6関連各所でお世話になってます。

2対1とかいう個人指導塾も真っ青な指導体制で臨んだROM焼きでしたが、なんかバージョンが合わないとかバージョンが合わないとか海外リージョンのサーバーの下りがカスだとかいろいろあって思うようにうまくいかず、、、
追加で必要なファイルのDL待ち長そうだし、夜も遅いし眠いし翌日にまたよろしく、ということでVC自体は解散になりました。

ですが何やら海外のサーバーだかうちの回線だかの調子が良かったらしく、大した時間もかけずにDLが終わったのでほたにリプライで指示もらいながら続行。

なんやかんやあって謎のバグ的ななにかを踏み抜いたりしつつ無事、当初の目的が達成できました。

そういえばカスタムROMの焼き方、みたいな知見がインターネットに転がってなさすぎな気がしたので、今度ステップbyステップみたいな記事を書くかなという気持ちです。
ステップbyステップというよりは自分のためのメモ書きみたいな面が強いけど、、、(下書きはしてある)

使ってみて

この記事書いてる時点で1週間ほど使ったことになりますが、かなり快適に使えています。なんならiPhoneより使用時間の割合が高いまであるかも。
そもそも端末自体のスペックが(たぶん)そこそこ良かったり、情報量の多いでかい画面(iPhone5Sと8を使っていたので相当でかい)に指紋認証が爆速だとか、ハード的な部分では全く文句なく使えています。強いて言うならちょっとでかすぎるかなって程度。
じゃあソフトはどうなんだよ、って言うとこれまた馬鹿みたいに快適に使えてます。
ただ必要最低限ゆえに欲しいものを自分で調達しないといけなかったりとか、やりたいことまでの道のりが一癖ある感じはやっぱりあって、知識が増えないうちはちょっとしんどいかな。
まぁプリインの謎アプリがないとか、設定項目が豊富でカスタマイズ性に優れるだとかそういったところだけでめちゃめちゃ快適なんですけど、、、

あと実際使ってて思うのがバッテリーの持ちで、わたし程度の使い方なら余裕で3,4日持ちます。
詳しくは測ってないんですけど充電もかなり早くて助かる。高速充電はDashChargeしか対応してないけど。

ホームとウィジェットの話

個人的に時計には秒がついていてほしい(というか秒の数字がポコポコ変わってくのを眺めるのが楽しい)タイプの人間なので、設定項目を見つけた瞬間タスクバーの時計には秒をつけました。
ところがデフォルトのホーム画面にはそもそも時計がなかったり、カレンダーと天気の表示もちょっとダサい、、、Omnijawsと並べてもなんかスペースが微妙、、、というか統一感もないし日本語表記のカレンダーダサい、、、とかホームとウィジェットに対して不満が溜まってました。

ランチャーに関しては謎のバグで私の環境ではデフォルトで入ってるTrebuchetが動かなかったので、Pixel Launcherしか選択肢がなかったんですよね。
ランチャーを変えるたってどうせROMみたいに特殊な入れ方するんでしょう、、、?と思ってたので方法論不明ということでいったん放置にしてたんですが。
Playストアから入れられるらしいとの情報を得たのでこれはやるっきゃねぇなということでオタクにおすすめのランチャーを聞き、いくつか試して結果的にNova Launcerに落ち着きました。

さて次はウィジェット、、、と思ったのも束の間まともなウィジェットがねぇという始末。

最終的にこんなこと言い始めました。

流石にウィジェット製作となるとAndroidアプリ開発、、、一旦諦めかな、、、と思っていたところに無職からこんなものが。
なんとウィジェットを作るためのアプリがあるとのこと。

ウィジェット作った

結論から言うと作りました。だって良いの無いんだもん。作れる環境があったんだもん。作ったのがこれ。

こういったウィジェット作る系のアプリって大体似たようなもので、基本的には何らかのコードで取得した文字列なり値を適宜成形して画面上に配置、組み合わせて一つのウィジェットとして完成させるみたいな流れです。MacだとGeekTool、WindowsだとRainmeterあたりが有名ですかね。
ありがたいことにわたしは両者利用歴があり、それなりに使い込んでいたのでサクッと慣れました。テンプレートが充実してることもあり、上記のウィジェットで実作業としては2時間くらいです。
個人的なこだわりとして情報量のメリハリをつけたいというのがあったので、狭い領域に欲しい情報を可能な限り詰め込んで、それ以外何も置かないみたいな運用にしました。
個人的にかなり満足してるうえ、TLで見ていた各位の評価もよくて満足しています。

余談なんですがここでも使ってる壁紙はおわたむ撮影のやつです。

ポートレートで写真撮ってもらえるだけでもかなりありがたいんですが、やっぱり可愛く撮ってもらえると単純に助かるしアバター作りこんだ甲斐があったなになるので嬉しい。

すき。好きなので共有しておきます。(misskeyのカードの貼り方が謎だったのでスクショでご勘弁)

おわり

全体的に満足度の高い買い物だったと思います。しばらくと言わず末永くおもちゃとして遊んでいきたいところ。
現時点ではWifi運用なので何かしらのSIMを刺したい気持ちはあるんですが、月額料金で払ってるものがいよいよ嵩んできたのでうーんとなっています。あと本人確認書類とかクレジットカードとかそういったところの障壁もあり。
容量も無駄に多いので音楽とか入れてDAP的運用にしてもいいかなと、高いイヤホンも買ったし。いずれにせよ使ってなんぼなので積極的にいろんな使い方で使いつぶしていこうと思ってます。